これから注目の資格?太陽光発電アドバイザーとは

太陽光発電に関して、民間資格が2012年10月に確立されていました。特定非営利活動法人日本住宅性能検査協会認定し、今年2013年7月31日現在、全国で約1,600名がアドバイザーとして登録しています。
そもそもこのような資格が出来たのは、再生可能エネルギーへの需要が高まると同時に太陽光発電には非常に複雑な専門知識が必要であるためその専門家が必要になったからです。

太陽光発電を利用するには建築などの知識だけではなく、法律などの専門知識も必要となります。建築や法律などの専門的で煩雑な知識を一般人が簡単に取得する事は非常に困難です。そういった需要に応える為に日本住宅性能検査協会が消費者との橋渡し的な役割と太陽光発電の推進を期待し資格が産まれました。
アドバイザーの資格はそれだけではなく、建築士やマンション管理士・管理業務主任者、ファイナンシャルプランナー・モゲージプランナーなどの資格と合わせることでクライアントにより適切で正しい知識を提供することが可能となっています。

太陽光発電は環境汚染の心配のないメリットの高い設備です。また、環境負担の少ないエネルギーに関しての関心は高まる一方であり、今後もさらに一般的な設備になる事が期待されています。
四季がある日本では曇りや雨の天気が多く不向きの設備だと言われていました。しかし、各メーカーがより品質や安全性の改善に努め、その問題も徐々に改善されています。また、より設備を導入しやすくされる為に、発電して余った電力をメーカーが購入したり保障制度も充実してきています。太陽光発電は、今後さらに期待できる新エネルギーです。