‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

太陽光発電アドバイザーのいるお店とは

2014/06/17

この資格の試験は比較的最近行われた資格としては新しい存在です。それだけにこの資格を保持している試験の合格者達はまだ数百人程度しか存在しておりません。

そもそもこの資格自体も太陽光発電が普及するにあたって、それに対するトラブルが多くなったために専門家の必要があると判断されて誕生した資格でもあります。その試験の内容自体は筆記試験であり、一般で取るのは中々難しいものですが、太陽光発電に関わっている人達であればそこまで難しい程のものではないとされています。しかしだからこそこの資格は太陽光発電を扱う上ではいい目安になる存在でもあります。

太陽光発電に関わっている人はそこまで難しくないということは、逆にこれに合格できないようではその知識を他人に与える存在としては疑問が出るということにもなります。そしてこれが利用する側の視点から見ればこの資格を有する存在が在籍しているところはそれだけで一定の信頼ができるということにもなりえます。

なので太陽光発電を利用するのならこの資格を保持している人間が在籍しているところを頼るというのもいい考えです。ただ、中には資格を持ちながらも悪知恵を絞るという悪質な人間がいることも有り得なくはないので、やはりそうした業者に騙されない基本的な対応をしておくことは大事です。

太陽光発電アドバイザーの難易度と合格率

2014/06/17

クリーンエネルギーの普及に期待が高まっている昨今、太陽光発電は一般家庭にも導入しやすいシステムとして大きな注目を集めています。しかし、まだまだ発展途上にある技術であることから、設置に関する不備やトラブルなども多く、施工者と消費者との仲介役となる専門家が求められていることも現状の課題となっています。

そこで誕生したのが、太陽光発電に対する専門的な知識を持つ人材の資格制度です。この資格は日本住宅性能検査協会が監修する民間資格で、消費者が太陽光発電システムを導入する際に購入・設置・運用などに関する相談をする相手として認められるものです。

試験はこれまでに3回行われており、第3回の受験者数は約1300名となっています。特に30代から40代に受験者数が多く、業務の拡大につながることから企業の受験も増加傾向にあります。問題はマークシート方式となっていますが、試験の合格率は約52%とあまり高くなく、難易度の高い資格であると言えるでしょう。
受験に対する勉強は公式のテキストを使って行うことが最適です。また、試験問題集も書籍として販売されていますので、合わせて学習することでより具体的な試験対策を練ることができます。

太陽光発電アドバイザーが登場した背景

2014/06/17

将来的にエネルギー不足になることを懸念して、近年は自然エネルギーを利用した発電に注目が高まっています。

そんな中、一般家庭でも比較的導入しやすい自然エネルギーとして太陽光発電が取り上げられ、実際に設置を行う人も少なくありません。
しかし、太陽光発電システムを導入するにあたって、販売メーカーや設置業者と利用者との間にトラブルが起こることも増えてきました。

そこには太陽光発電に関わる企業が急激に増えたことが大きく関わっていると考えられます。
これまで太陽光発電を専門にしていた会社だけでなく異業種からの参入が増え、競争過多となっているのが現状です。そうした中には業績を上げるために悪質な営業をする会社も残念ながらあるのです。
例えば、太陽光発電システムの設置に不向きな場所へ設置をすすめるケースや契約後に連絡を絶ってしまうケースなどです。

こうした問題に対しての相談が増えてきた結果、メーカーや設置業者と利用者の間を取り持ち、中立的な立場で太陽光発電に関してのアドバイスができる人材が求められるようになりました。
販売メーカーや設置業者ではない第三者に相談をして専門的な知識からのアドバイスを受けることで、利用者がメリットデメリットを知った上で安心してシステムを導入できるようにするという役割があるのです。

申込みから合格後の流れ

2014/06/17

資格認定を得るために、まずは日本住宅性能検査協会に受験資料(願書)を提出します。
提出した受験資料に記入漏れなどの不備がなければ、受験者に受験票が届きますので、全国の7つの会場

のいずれかでアドバイザーとしての専門知識の有無を判定するための試験を受ける事になります。
この試験で所定の成績を満たすことができれば、アドバイザーとしての専門知識を有している証拠として、合格証書が発行されます。ただ、この合格証書を持っているだけではアドバイザーとして活動することは出来ません。

アドバイザーとしての活動を始めるためには、アドバイザーとしての行動準則を承認した後に、日本住宅性能検査協会への登録を行わなければなりません。なお、この登録には13000円の登録手数料がかかります。
無事に日本住宅性能検査協会へのアドバイザー登録が完了すると、IDカードが発行され、活動を開始する事になります。

ですが、この登録の有効期限は5年間と決められていますので、5年毎に更新の手続きが必要となります。登録の更新は、所定の講習を受講した上で、行動準則を再度承認することで行われます。このタイミングでIDカードも新しいものに更新されます。

太陽光発電アドバイザーの試験内容

2014/06/17

自宅に太陽光発電システムを導入する際にはなるべくトラブルを少なくして済ませたいものですが、その際には太陽光発電に関する知識が備わった人と相談しながら進めていくと、よりトラブルが起こる可能性が少なくなります。近年、太陽光発電についての専門的知識を備えた人をアドバイザーとして認定する資格がつくられ、少しずつニーズが高まってきています。

この資格は、年に2度行われる認定試験に合格し、試験を実施している法人にアドバイザーとして登録することではじめて名乗ることができます。認定試験の出題形式はマークシートに回答する形式となっており、所定の基準以上に達した受験者が合格となります。試験では、太陽光発電システムの原理や技術、設置基準、関連法規、自治体等の支援施策、実務面に関する事項など、太陽光発電に関する知識が広範にわたって問われる内容となっています。広範なゆえに試験勉強には十分な時間をとる必要がありますが、試験対策用の書籍が販売されているので、出題形式に慣れるためにも書店やインターネット等で注文し、購入して勉強すると良いでしょう。

この資格の有効期間はアドバイザーとして登録されてから5年間であり、5年経過すると更新を行わなければなりません。しかし、更新の際にはWeb上のコンテンツやDVDの試聴をする講習を受けるだけで良く、更新の為の試験が無いので、更新期日が迫ってきたらなるべく早く講習を受けるようにすると良いでしょう。

資格の将来性

2014/06/17

民間資格とは、民間の団体などが、独自基準の審査を行って任意で与える資格のことです。この資格は、他の「国家資格」や「公的資格」のように法令等の厳格なルールがあるわけではなく、あくまでもその発行団体の審査によって発行されるわけですから、物によっては社会的評価のまったく得られないものが存在することも事実です。

しかし、中には資格としての市民権を得て、社会的信用を勝ち取っている資格も多く存在します。TOEICやTOEFLなどがそのいい例で、一例を挙げるとキリがありません。これらはその審査基準が人のスキルを測る上で適切であると世間が認知している資格であり、国家資格に引け劣らないものです。

また、建設業などでよく聞く「工事入札」でも、入札参加資格として認定されているものも多く、その資格がないと入札できない工事も存在する為、国家資格以上に取得競争率の激しいものもあります。

さらに、当初は民間発行の資格試験で始まったものが、その重要性から、後に国家資格試験になった資格も多く存在します。こういった場合、元の資格取得資格はというと、移行措置等の有無によって再試験を行わなければならない場合や免除等資格によって様々です。

施工業者にこそ取得してほしい太陽光発電アドバイザー

2014/06/17

太陽光発電は、再生可能エネルギーの中でも最も注目されている発電手法と言えますが、これは身近な太陽エネルギーを利用しているからなのです。
しかしながら、太陽光発電設備と言うのは、設備機器の導入費用や、設備機器を設置するための工事費用などが必要になります。
これらの費用は決して安い物ではありませんし、販売店や施工業者により、費用額には差と言うものが在ります。
同じ規模の設備を導入した場合、100万円と言う金額で済む場合もあれば、150万円と言う金額が必要になるケースもあると言われており、少しでも安く、且つ安心出来る販売店に依頼をすることが大切なのです。

施工実績を数多く持つ施工業者であれば、経験や知識が有りますので安心と言えますが、トラブルなども多くなっていると言います。
設置をしたけれども、十分な発電が期待できなかったり、工事が適切に行われなかったため、雨漏りがするなどのトラブルが起きるケースがあると言います。

そのため、民間資格を持つ業者に依頼をすることで、これらのトラブルを未然に防ぎ、且つ効率の良い太陽光発電を導入出来るとしています。
資格を持つ業者に依頼をすることで、事前調査をしっかり行い、最適なシステムのアドバイスを行い、設置から運用に至る全ての工程の中で専門的な知識を保有していますので、トラブルを防止することが出来るのです。

役に立つ職業

2014/06/17

最近はエコ対策で、太陽光発電パネルを装着する家が増えています。住宅展示場でも、必ずと言っていいほど太陽光パネルを展示した家が展示してあります。我が家でも、と思っている方も多いでしょう。

しかし、太陽光発電パネルは安くはありません。導入して効果があるのか、どのくらいの大きさがいいのか、月々の支払いは大丈夫かなど、気になるところはたくさんあります。では、どうするか。まずは、ファイナンシャルプランナーに相談をお勧めします。ファイナンシャルプランナーは、家計のアドバイザーです。どのくらいの大きさの太陽光発電パネルを導入すれば、、月々の支払いと電気の節約量から、どのくらいの効果が出るのか、最適の計画を提示してもらえます。この結果、いくら節約できるか、今すぐでなくてもいつ効果があるのかどうかがわかります。せっかく節約のために太陽光発電パネルを導入したのに、月々の支払いが大きくてかえって家計を圧迫してしまうのでは本末転倒です。

太陽光発電パネルの大きさは月々支払える金額から自ずと決まってきますから、あとは建築士に家の屋根に乗るかどうかを確認してください。太陽光発電パネルは重量物ですので、確認もせずに屋根に載せて家がつぶれた、なんていうのでは大変です。プロの方のCっ冷えを上手に利用して、賢く節電を行いましょう。

太陽光発電アドバイザーを取得するメリット

2014/06/17

太陽光発電の設置をする家庭が増加しています。
しかし、多くの場合屋根にパネルを設置することため、やり方を間違えると後日雨漏り等のトラブルの原因となります。
また、設置費用は通常300万円以上と高額であり、投下資金に見合うだけの売電収入が実際に得られるかという不安を持っている人も多いです。
受注するためには、これらの不安を取り除いてあげる必要があります。

太陽光パネルの設置には、リフォーム業者ばかりではなく新築住戸を請け負う建築業者も参入しています。
乱立する設置業者の中から選ばれるためには、太陽光発電パネルの設置という専門性の高い知識を持っているという専門性と業者自体の信頼です。

特に専門性を持つためには、日々の努力か不可欠ですが、最近では太陽光発電の設置に関する専門資格もあります。
このような資格を取得することで専門性が高まり、数多くある業者から自社を選んでもらうことにつながります。

自社に専門資格を持つ人材を抱えることは、取得に関する勉強等で従業員に負担をかけたり、高い給料で資格取得者を雇用したりというコストアップ要因になります。
しかし、そのコストアップに応えるだけの受注の増加があれば、専門資格を持つ従業員を配置する価値があるといえるのです。