太陽光発電アドバイザーが登場した背景

将来的にエネルギー不足になることを懸念して、近年は自然エネルギーを利用した発電に注目が高まっています。

そんな中、一般家庭でも比較的導入しやすい自然エネルギーとして太陽光発電が取り上げられ、実際に設置を行う人も少なくありません。
しかし、太陽光発電システムを導入するにあたって、販売メーカーや設置業者と利用者との間にトラブルが起こることも増えてきました。

そこには太陽光発電に関わる企業が急激に増えたことが大きく関わっていると考えられます。
これまで太陽光発電を専門にしていた会社だけでなく異業種からの参入が増え、競争過多となっているのが現状です。そうした中には業績を上げるために悪質な営業をする会社も残念ながらあるのです。
例えば、太陽光発電システムの設置に不向きな場所へ設置をすすめるケースや契約後に連絡を絶ってしまうケースなどです。

こうした問題に対しての相談が増えてきた結果、メーカーや設置業者と利用者の間を取り持ち、中立的な立場で太陽光発電に関してのアドバイスができる人材が求められるようになりました。
販売メーカーや設置業者ではない第三者に相談をして専門的な知識からのアドバイスを受けることで、利用者がメリットデメリットを知った上で安心してシステムを導入できるようにするという役割があるのです。

コメントは受け付けていません。