太陽光発電アドバイザーの難易度と合格率

クリーンエネルギーの普及に期待が高まっている昨今、太陽光発電は一般家庭にも導入しやすいシステムとして大きな注目を集めています。しかし、まだまだ発展途上にある技術であることから、設置に関する不備やトラブルなども多く、施工者と消費者との仲介役となる専門家が求められていることも現状の課題となっています。

そこで誕生したのが、太陽光発電に対する専門的な知識を持つ人材の資格制度です。この資格は日本住宅性能検査協会が監修する民間資格で、消費者が太陽光発電システムを導入する際に購入・設置・運用などに関する相談をする相手として認められるものです。

試験はこれまでに3回行われており、第3回の受験者数は約1300名となっています。特に30代から40代に受験者数が多く、業務の拡大につながることから企業の受験も増加傾向にあります。問題はマークシート方式となっていますが、試験の合格率は約52%とあまり高くなく、難易度の高い資格であると言えるでしょう。
受験に対する勉強は公式のテキストを使って行うことが最適です。また、試験問題集も書籍として販売されていますので、合わせて学習することでより具体的な試験対策を練ることができます。

コメントは受け付けていません。