太陽光発電アドバイザーの試験内容

自宅に太陽光発電システムを導入する際にはなるべくトラブルを少なくして済ませたいものですが、その際には太陽光発電に関する知識が備わった人と相談しながら進めていくと、よりトラブルが起こる可能性が少なくなります。近年、太陽光発電についての専門的知識を備えた人をアドバイザーとして認定する資格がつくられ、少しずつニーズが高まってきています。

この資格は、年に2度行われる認定試験に合格し、試験を実施している法人にアドバイザーとして登録することではじめて名乗ることができます。認定試験の出題形式はマークシートに回答する形式となっており、所定の基準以上に達した受験者が合格となります。試験では、太陽光発電システムの原理や技術、設置基準、関連法規、自治体等の支援施策、実務面に関する事項など、太陽光発電に関する知識が広範にわたって問われる内容となっています。広範なゆえに試験勉強には十分な時間をとる必要がありますが、試験対策用の書籍が販売されているので、出題形式に慣れるためにも書店やインターネット等で注文し、購入して勉強すると良いでしょう。

この資格の有効期間はアドバイザーとして登録されてから5年間であり、5年経過すると更新を行わなければなりません。しかし、更新の際にはWeb上のコンテンツやDVDの試聴をする講習を受けるだけで良く、更新の為の試験が無いので、更新期日が迫ってきたらなるべく早く講習を受けるようにすると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。